×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皮膚がんと紫外線


子供の頃から紫外線ダメージが蓄積して起こる病気のひとつに、皮膚がんがあります。本来、皮膚は紫外線の害から身を守るために、メラニンという色素を作り出していますが、長く紫外線に当たり続けると、メラニンが基底細胞の核を守りきれず、DNAが傷つけられることがあります。

紫外線にDNAが傷つけられた結果「日光角化症」(皮膚がんの前段階)や皮膚がんなどの病変が起こります。このほか、紫外線は身体の老化を促進する活性酸素を発生させる原因にも挙げられています。

紫外線にあたり続けると皮膚の免疫機能が低下してしまいます。急に日にあたると疲れることがあると思います。これは皮膚の免疫機能が低下してしまい、一時的に抵抗力が弱まるために感じることなのです。一時的に抵抗力が弱まるために、「単純ヘルペス」などのウィルスに感染しやすくなります。しかしあくまで一時的なものですから、あまり神経質になりすぎず、紫外線対策をしながらレジャーやスポーツを楽しみましょう。

紫外線を子供の頃から浴び続けることは、子供のこれからの健康を考えると決して良いことではありません。そのため子供の頃から紫外線対策を習慣化させることで、無理なく子供が紫外線を浴びない習慣を作り出すことができます。
紫外線対策はいつまでも健康な身体でいるために、大変重要です。